ドクターガイドマップいわた あなたの街のドクターガイド

かかりつけ医について

「医院診療所と病院」。それぞれ違う役割を担っています。

かしこく使い分けましょう

街の「医院・診療所」では、患者さんは通院で治療を受けます。それに対して「病院」は、主に入院治療を必要とする患者さんを対象としています。 さらに大学病院や総合病院などの「大病院」はより高度な医療を必要とする患者さんの治療を行います。 街の「医院・診療所」と「病院」はそれぞれ違う役割を持っているのです。 体調が悪い時はまず早めに「かかりつけ医」を受診し、場合によっては 「病院」「大病院」を紹介してもらいましょう。

ベッド数20床以上の医療施設を「病院」、19床以下を「診療所」とするという規定があります。 またベッドを持っている診療所も「できるだけ同じ患者を48時間を越えて収容しないように努める」 よう定められています。 「病院」は入院治療、「医院・診療所」は通院治療というように大きく、区分けされています。